イエルーン・ベルワルツ|Jeroen Berwaerts

イエルーン・ベルワルツJeroen
Berwaerts

Trumpet

ベルギー出身のイエルーン・ベルワルツは、全ての音楽に対して境界を越えた愛情を注ぎ、その卓越した技術力と繊細な音楽性でバロックから現代音楽、ジャズまで及ぶ広いレパートリーを操る稀有な存在のトランペット奏者である。アラン・ギルバート、準・メルクル、マティアス・ピンチャーなど著名指揮者、NHK交響楽団、ウィーン交響楽団、ハングルク北ドイツ放送交響楽団など世界的オーケストラと協演。シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、武生国際音楽祭など世界中の音楽祭に招聘されている。現代音楽を意欲的に取り上げ、細川俊夫作曲トランペット協奏曲第2番「霧の中で」、フランチェスコ・フィリデイ作曲「Carnevale」など世界初演も多い。これまでに、サラプーティア・ブラスと収録した「Signals from Heaven」の他、アレクサンドル・メルニコフと共演したパウル・ヒンデミット作曲のソナタ、テオドール・クルレンツィス指揮マーラー室内管弦楽団との協演によるドミートリイ・ショスタコーヴィチ作曲のピアノ協奏曲第1番、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団との協演による細川俊夫作曲の「旅VII」など録音も多数。カールスルーエ音楽大学で名手ラインホルト・フリードリヒ氏に師事、ゲント王立音楽院でジャズボーカルを学ぶという多才な一面を持つ。2008年よりハノーファー音楽演劇メディア大学教授を務める他、英国王立音楽院のプロフェッサー・イン・レジデンスとして後進の指導にあたる。